VR動画の世界とは

近年、VR動画が大きな盛り上がりを見せつつあります。では、VRとはどういう内容のものを指しているのでしょう。ひょっとして何かの単語の略?

はい。その通りです。

VRとは【 Virtual Reality 】 バーチャルリアリティ / 仮想現実 / 人工現実感
人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないが実質的に現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術の総称。を言います。
機器や、コンピューターグラフィックスで合成した映像・音響で3次元空間を作り上げて、ユーザーに対して、空間への没入感(immersion)を生じさせる、つまりまるで自分がそこにいるかの様な疑似体験ができる技術です。
また、空間内では移動や行動が可能で、ユーザーの動作に応じてリアルタイムに変化や応答が得られる対話性も備えています。いわゆる、人工的な空間ですので、映画の『マトリックス』の様に、旅行に行ったり、ゲームの世界に入り込んでゲームキャラと一緒に動き回るといった様な、現実世界では決して味わえない様々な感覚を楽しむ事が出来るのです。

実は、2016年はVR元年と呼ばれていて、あの『Play Station VR』が発売された年でした。まだまだ世間一般では、『VRってゲームのCGの上位互換なんでしょ?』位の認識かもしれませんが、ゲーム業界では、『サマーレッスン』と言う画期的な作品で、VR空間の日常の中で出会う美少女達のリアル感、臨場感に、センセーショナルな衝撃を巻き起こしました。これは体験した方にしか分からない感動ですね!

また、アイドル業界でも、あの『AKB48』もVR動画を公開したり、まだ無名に近いですが、『アイドルカレッジ』というアイドルさんもVR動画で発信していく戦略をとっています。下の画像が『AKB48』のVR動画です。

この様に、現実にVR動画の世界は広がりつつあります。もう、VR動画は『マトリックス』の様なハリウッド映画の中だけの話しではありません。

因みに、まだまだVR動画の世界が始まったばかりなのですが、実はすでにAR「拡張現実感」(AR:Augmented Reality)あるいは「複合現実感」(MR:Mixed Reality)の研究も進んでいます。全く持って、現在の技術の進歩というのには目覚ましいものがあります。

5年後、10年後、我々はモバイル(スマートフォン)を持っているのでしょうか?VRやAR・・・そしてMRが主流になるのでは?VRはヘッドマウントディスプレイ。ARはホロレンズ。もうすぐ自分の視覚とインターネットが融合する時代が来る!!

皆様は、『攻殻機動隊』をご存知でしょうか?漫画、アニメ、ハリウッド映画と様々なメディアに発表されている作品です。最終的には、この『攻殻機動隊』の様に五感全ての拡張が可能になると言われています。例えば、水や風を吹かせなくても、脳にそういう信号を認知させればVRの中で同じ体験が出来る様になる。要するに、Hもやがては、徳弘雅也の漫画『眠狂四郎2037』の様にバーチャルSEXの時代がやってくるとも言われています。これだと、病気の心配も無くなるし、潰れる風俗店も出てきそうですね(笑)
いつの日か、脳とインターネットが繋がる時代が現実にやってくるのでしょう。

でも、まだまだスマートフォンの様に普及するには、課題が山積みです。
普及させるにはまずハードの普及が先とも言えます。スマホで言えばiPhoneの存在がありました。ですが、VRには、まだまだ課題があります。編集技術、配信、映像撮影、再生プレイヤーは既存のものをVRでは転用できません。VRの特性を生かした体験ができるか?が必要と言われており、グラフィックや演出の凄さがマストではないのです。
そして、VR動画では、フレームの概念は無くなってしまいました。360°死角のない映像になります。これにはコストや時間などの壁もありますね。

もう一つ、普及の条件があります。それは、キラーコンテンツの存在です。先ほど話題に出た『AKB48』や360°映像アイドルグループGRAZIE4などの試みが既に始まっています。アイドルのファンの方たちの熱量は半端ではないので、まずはこの熱量を持って、VR動画の認知度を広めていこうとしている企業もあります。
先ほどご紹介した『サマーレッスン』というゲームは、実写的な人物ではなく、ゲームのキャラクターなのですが、実際に自分の横にいる様なリアルさがあると評判です。このことからも、ただ闇雲に正確な実写を再現すれば良い訳でもない様です。難しいですね。。

後は、VR動画とホラー映画も親和性が高いのではないか?と言われています。私は、あまりグロいホラーだと拒否反応が出ますけど(笑)『リング』や『呪怨』や『稲川淳二の怪談の世界』の方がVR動画にハマるのでは?と感じています。あくまでも私見ですけど。

※まずは、VR動画とはどんな物なのか?実は、今はYouTubeでもVRをお試し体験する事ができます。コチラをご覧ください。

その昔、『初代 Play Station』が、当時のゲーム機市場の勝利を決定的にしたのが、『ファイナルファンタジーⅦ』だと言われています。先ほどもお話しした様に、VR動画の世界が爆発的に伸びるには圧倒的なキラーコンテンツが必要です。また、ゲームコンテンツやアイドルコンテンツも必須なものでしょう。

しかし、一番重要なコンテンツは、アダルトAVだと言われています。その昔、ビデオデッキが一般家庭に急速に普及したのは、レンタルビデオ店のアダルトビデオを借りたいがため、と言われていました(笑)Hな事に対する欲望は、いつの時代でも変わりませんものね。

何だよ、結局アダルトかよ!と思うことなかれ!!本当にVR動画のアダルト動画は凄いことになっています。今まさに、VR動画の普及を担う程のキラーコンテンツになってきています。

さぁ、VR動画のアダルト動画とは、一体どんな物なのでしょうか。

VRアダルト動画については、コチラをご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする