VRゴーグルのおすすめを紹介

さて、VRゴーグルはどれを用意しようか?と思い立って調べてみると、意外にも沢山の種類の物が売られていて驚くかもしれません。コチラの記事では、お手頃な価格でVR動画を楽しめるVRゴーグルについて、紹介しています。

1.純国産スマホ用VRゴーグル VOOR 360 グラス

一番初めにご紹介するのは、アマゾンで1,200円で購入した『VOOR 360グラス』です。段ボール製で、自分で組み立てるタイプの物になります。

購入時はこんな状態です。

これを組み立てます。

こんな感じ。

はい。もう出来上がり。

この中に動画を再生したスマートフォンを差し込みます。

上蓋を閉じて出来上がり。

後は、このまま双眼鏡を覗くのと同じ要領でのぞき込みます。。。。。はっきり言って、片手がふさがったままの状態になります。手が突かれます。                 輪ゴムを引掛ける部分があるので、それを使えば両手が空きますが、VR動画の肝である没入感もありませんし、ピンとも中々合いません。

音声はヘッドフォンやイヤフォンを使えば多少マシになりますが、はっきり言っておすすめできないです。同じダンボール製の中には、『Play stasion VR』の様に頭にかぶるタイプもありますが、コチラのタイプと五十歩百歩です。

2.VR SHINECON VRメガネ 3Dゴーグル 頭部装着 4-6インチのスマホ適用 G-VR002(黒 二代)

こちらのゴーグル『VR SHINECON VRメガネ』は、アマゾンで2,899円で購入しました。

こちらはスマートフォンの3DVRに特化した製品となっていて、4~6インチのスマートフォンに対応しています。価格もお手頃ですし、値段以上の感動を味わえると思います。勿論、先ほどの『VOOR 360グラス』では比べ物にならない位の没入感と、VR動画の臨場感に圧倒されること請け合いです。

この様にVR動画を再生した状態でセットをしたら、

ゴーグルを閉じて視聴することができます。

但し、このグラスはヘッドフォン内蔵タイプではないのでイヤフォンやヘッドフォンを自前で用意して視聴しなけらばいけません。この部分では、少し没入感に欠けるかな?と思われます。それから、これは個人差があると思いますが、私がこのゴーグルを使用した場合、目の下や鼻の下辺りが上手くフィットしないため隙間が出来てしまい、外光が入ってくるのが少しきになりました。他に気になった部分と言えば、スマートフォンをセットする時に、ボリュームボタンに干渉してしまい、音量が大きくなったり、小さくなったり・・という問題も発生しています。

3.VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル イヤホン実装

最後にご紹介するのが、私イチオシの『VOX PLUS BE 3DVR』です。価格はアマゾンで2,688円となっていて、『VR SHINECON VRメガネ』よりもリーズナブルな上に、性能も抜群だと言えます。

この様にVR動画を再生したスマートフォンをゴーグルにセットしたら、

フタを閉じます。

こちらは、焦点距離や視界距離の調整が出来ます。また、ヘッドフォン内蔵タイプですので、耳までスッポリと覆って視聴することで、抜群の没入感を得ることができます。それから、スマートフォンのボリュームスイッチに干渉する様なこともありません。顔面をスッポリと包み込むようにフィットしていて、外光が差し込むこともありません。

以上のことから、VRゴーグルのイチオシはVOX PLUS BE 3DVRです。

今すぐにでも、アマゾンで購入可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする